更新履歴

DPC対象病院のお知らせ

平成21年4月より、当院はDPC対象病院となりました。入院医療費は「DPC(診断群分類包括評価制度)」により計算されます。

DPC (診断群分類包括評価制度)という新しい制度は、平成15年度から大学病院や国立病院などの高度先進医療を行っている特定機能病院などで試行的に実施されていました。

平成20年の診療報酬改定では、厚生労働省のDPCに関する調査に2年以上協力してきた医療機関のうち一定の基準を満たした病院がDPC対象病院として認められ、この制度を導入することができます。

当院も、平成21年4月1日より「DPC対象病院」として厚生労働省の認定を受けました。このため、入院医療費の計算方法が変わります。ご理解のほどよろしくお願いいたします。

DPCとは

診療行為ごとに計算する「出来高払い方式 」とは異なり、入院受療者様の病気とその病状をもとに、国で定めた1日当りの定額点数からなる包括評価(投薬・注射・処置・検査・画像診断・入院料等)と出来高評価(透析・手術・麻酔・輸血・心臓カテーテル検査・内視鏡検査・リハビリ等)を組み合わせて診療費を計算する新しい方式です。

従来は、投薬・注射・検査などの診療行為をおこなった回数や使用した量に応じて医療費を計算する「出来高払い方式」でしたが、DPCでは1日当たりの点数が決められております。投薬・注射・検査などの診療行為は決められた点数に包括されていますので、1日当たりの診療費は回数や使用量にかかわらず変わりませんが、心臓カテーテル検査・手術など医師の専門的な技術を必要とする診療行為は、従来の出来高払い方式で医療費を計算いたします。

また、DPC診断群分類によって従来の出来高払い方式よりも高くなる場合や安くなる場合があります。入院日数によっても、1日当たりの医療費が変わる仕組みになっていますので、DPCでは病名や治療内容・入院日数によって医療費が変わります。以前に同じ病名でご入院されていても、出来高払い方式で計算された医療費とDPCで計算された医療費は単純に比較が出来ない場合がありますので、ご了承願います。

イラスト

平成21年4月1日より厚生労働省により決められた診断群分類に基づく包括評価により、入院受療者様の医療費の計算方法が変更になりますが、治療及び診療方針が変わるわけではありません。DPCは、医療の標準化を進めて質の高い医療を提供することが目的です。

当院では、皆様に質の高い医療をご提供できるように、また、地域医療との連携を図りながら、安心して医療を受けていただけるよう努力してまいります。