新人看護師の声

学校名 2病棟
 村上 梨艶
 (北海道文教大学 卒業)

病棟に配属されたころは、一日の流れや患者様の状況など分からないことが多く、不安なこともたくさんありました。今は、プリセプターさんだけでなくチームや病棟の皆さんからフォローをしていただき、出来るケアが増えてきました。疾患や根拠を考えて患者様と関わることができるようにもなってきました。一人で任されることも少しずつ出てきて、自分の行動に責任を感じながら、やりがいや楽しさを感じるようになってきました。疾患の理解や細かな業務などを勉強したり、覚えなければならないことがたくさんありますが、毎日少しずつでも成長していけるように頑張りたいと思います。

ページの先頭へ戻る

新人看護師の声 2病棟
 柴田 和幸
 (北海道大学 卒業)

看護師としての技術を多く学ぶために、シミュレーションを行ったり、先輩看護師の技術を多く見たりしながら、密度の高い経験を通して、実施できることが増えていきました。周りの先輩方も貴重な体験は共有して下さり、その中で多くのことを見て、触れることができ、色々なことを学ぶ機会に恵まれていると思いました。そんな中で一つ一つできることを着実に増やしていくために、日々の振り返り、研修をとおして丁寧に学習を進めていこうと思います。

ページの先頭へ戻る

学校名 3病棟
 佐林 七海
 (天使大学 卒業)

1年目ということもあり何もかもが初めてで、入職当初は緊張と不安な気持ちでいっぱいでした。しかし、プリセプターさんをはじめ、職場の先輩方やその他の部署の方々から、熱い指導と温かいお言葉を頂き、日々楽しく働かせて頂いています。患者さんは新人である私を温かく見守って下さり、「私でたくさん学んでね。」、「頑張って立派な看護師さんになるんだよ。」などの温かいお言葉を下さいます。
 学生の時に最も苦手としていた循環器ですが、今は1つ1つ少しずつではありますが、様々なことが分かっていくことが本当に楽しいです。今後は看護技術を磨いていくことはもちろん、疾患のことも基礎から詳しく勉強して、心電図の判読もできるようになり、患者さん1人1人に合った看護を提供できるように頑張っていきたいと思います。

ページの先頭へ戻る

学校名 4病棟
 嘉代 真弓
 (北都保健福祉専門学校 卒業)

私は北光記念病院に4病棟に配属となりました。配属当初は、1年目という事もあり、新しい環境の中で業務を覚えることに不安と緊張がありました。しかし、プリセプターの方や先輩方が、業務の中でのわからないことを教えてくださり、アドバイスもいただきながら日々勤務をしています。徐々に1人でできるところも増えていき、自身につながっています。まだまだ、これから覚えることはたくさんありますが、1つでも多くの知識を学び経験し、1日でも早く患者様の個別性にあった看護ケアが提供できるよう日々努力していきたいと思います。

ページの先頭へ戻る

新人看護師の声 4病棟
 金丸 真奈
 (北海道網走高等看護学院 卒業)

最初は、病棟に行くだけで緊張していましたが、プリセプターを初めとするスタッフの皆さんにやさしく指導して頂きやっと病棟に出勤するということに慣れてきました。今は、日々出来ることを増やせるように知識と技術を習得するために努力しています。覚えることがたくさんありますが一日でも早く、患者さんの個別性にあった看護を提供できるように、たくさんの経験を積み日々頑張っていきたいです。


ページの先頭へ戻る


学校名 OCIセンター
 中村 美咲
 (札幌保健医療大学 卒業)

入職前はこれから自分はやっていけるのかという不安でいっぱいでしたが、今は暖かい職場の環境や優しい先輩方に支えられ楽しく仕事をすることが出来ています。日々の仕事はもちろんのこと、循環器の勉強会や研修なども豊富なので毎日が学びの連続です。
 昔からの夢であった看護師という職について、初めての職場が北光記念病院でよかったと思っています。まだまだ至らない点ばかりですが、これから更に成長して患者様の気持ちに寄り添える看護師になれるよう頑張ります。

ページの先頭へ戻る


看護師の声
平成29年度看護師募集要項