医療従事者の負担軽減と処遇改善

当院では医療従事者の負担軽減と処遇改善を目的として、以下の項目につき取り組みを行っております。

1.業務分担

  • 栄養サポートチーム等の取り組み充実
  • 服薬指導の充実
  • クリニカルパスの促進
  • 看護補助者・メディカルクラークの活用
  • 多様な職種及び勤務形態を採用する取り組み
  • 多職種が構成する委員会において課題解決の取り組み

2.医師の補助体制

  • 医師事務作業補助者の配置
  • 当直担当者充実による常勤医の勤務負担軽減

3.地域の医療機関との連携

  • 他の医療機関との連携強化

4.外来

  • 外来患者数及び外来診療の適正化、クリニックとの連携
  • 逆紹介対象者に対するサービスの向上

5.処遇改善

  • 提携保育園の充実
  • 緊急対応等における手当の充実
  • 有給休暇取得促進の取り組み

2018年4月改定