エキスパート・スペシャリストナース

当院には、看護の『スペシャリスト』(認定看護師)や『エキスパート』(専門資格者)が現場で活躍しています。また、資格取得のためのサポートも行っています。


感染管理認定看護師(Certified Nurse in Infection Control:CNIC)

感染管理認定看護師



院内感染防止、職業感染防止のための活動を、全職員の協力のもと、実施させていただいております。また、院内外の医療従事者に対するリソースとなれるよう日々自己研鑚しております。



透析療法指導看護師(Dialysis Leading Nurse:DLN)
(六学会合同認定;日本腎不全看護学会・日本透析医学会・日本腎臓学会・日本泌尿器科学会・日本移植学会・日本腹膜透析医学会)

角 由美 (看護課長)

透析は、末期腎不全患者さんの治療の一つであり、現在の日本では98%の患者さんが血液透析を選択し、週に2〜3回、治療のために通院を行っています。透析は終わりのない治療であり、日常生活自体が治療の一部でもある為、患者さんの身体的、心理的な負担は大きいものです。そこで、専門的な知識を持って、その人にとって良い生活を一緒に考え、その人の生活に沿ったアドバイスができるように努めています。



栄養サポートチーム(NST)専門療法士

渡邉 なつき (看護主任)

2009年にNST専門療法士の資格を取得しました。この資格は、静脈栄養と経腸栄養を用いた臨床栄養学に関する優れた知識と技能を有しているとみなされ、日本静脈経腸栄養学会が認定しています。この資格を取得するにあたり、学会、教育セミナーへの参加と、認定を受けている施設で40時間の実地研修の終了後、資格試験を受講することができます。私は資格取得後、NST加算算定のために回診へ参加し、医師や薬剤師、管理栄養士とともに、患者の栄養に関する問題が解決されるようにチームで活動をしています。看護部のリンクナースへの教育にも携わっています。
 私は、この資格を取得し、看護の視野が広がりました。「食べること」「栄養」は看護そのものだと考えています。栄養の必要性を知ったからこそ、手術を受ける前に患者に食べる必要性を説明し、動機づけを行い、リハビリテーションへ繋げることは回復に大きな影響を日々感じています。循環器の栄養管理は、今後ますます重要と感じており、循環器専門病院に勤める看護師として、この資格を活かして患者さんの栄養評価を含め専門的知識をもって日々実践し
ています。



心臓リハビリテーション指導士

山溝 静子(看護課長)

当院は平成15年度より心臓リハビリテーションを実施しています。循環器疾患で治療や手術を行った後の心リハはとても重要で、その後のQOL向上に好影響を与えます。理学療法士のみならず看護師や管理栄養士、薬剤師などの介入も合わせた包括的な心リハが実施されています。当院では医師と理学療法士、看護師がこの資格を持ち、日々の心リハに励んでいます。



皮膚・排泄ケア認定看護師

谷口 由美子(看護係長)

皮膚・排泄ケア認定看護師は、創傷(褥瘡や手術創、足の傷など)ケア、ストーマ(人工肛門、人工膀胱)ケア、尿や便もれなどを対象とした排泄ケアを専門にしています。
 北光記念病院は循環器専門病院であり、集中ケアを受ける方の褥瘡予防や医療関連機器によるスキントラブルの予防、手術を受けられた方の術創のスキンケア、下肢の血流に関連した皮膚潰瘍のケアに関わる場面が多くあります。在宅療養されている方や施設入所中の方が当院に入院されることもあり、入院中のケアに限らず、ご本人やご家族がより快適に生活を送ることができるように、継続した支援をしていきたいと考えています。



ACSL(Advanced Cardiovascular Life Support)

大島 友美(看護課長)

ACLSとは、2次救命処置を指します。気管挿管、薬剤投与といった高度な心肺蘇生法を示しますが、現在では心停止時のみならず、重症不整脈、急性冠症候群などの初期治療までを指します。
  私は循環器専門病院の看護師として、患者様の急変時に落ち着いて対応できる知識を身に着けたいと考え受講しました。受講後は、予測性をもって、医師や他のコメディカルと協力して患者看護にあたることが出来るようになりました。
 その他、後輩育成にもとても役立っています。今後も循環器専門病院の看護師として、BLS習得スタッフと共に院内スタッフに向けた研修を積極的に行っていきます。



BLS(Basic Life Support)

桝谷 美津穂(看護主任)

BLSとは、Basic Life Support(一次救命処置)を指します。一次救命処置とは 、急に倒れたりしている人に対して、その場に居合わせた人が、救急隊や医師に引継ぐまでの間に行う応急手当のことです。 院内において、特に私たち看護師は、患者様の一番近くにいる存在です。それゆえ、院内での急変時に、率先してBLSを行ない、それ以降の治療にいち早く移行できるよう力を発揮することが私たちには求められています。
  また、このBLSは、「そこに居合わせた人」という点から、医療者だけではなく、院内の職員全員が、BLSを身につけることも、重要です。そのため、職員研修の一環として、他職種と協力し積極的にBLS研修の企画、実施を行っております。



ICLS(Immediate Cardiac Life Suppor)

及川 真由美 

「ICLS」とは「Immediate Cardiac Life Support」の頭文字を取った略語で、突然の心停止に対して直ちに対応するという意味が込められています。心停止はどの医療機関のどの部署においても起こりうるものです。心停止直後の処置には、あらゆる医療者がチームの一員として参加し、蘇生を行うことが求められています。そのため、当院ではACLSやBLS習得スタッフと共同し、定期的に看護師の他コメディカルを対象とした研修や復職支援講習会でBLS研修を行っています。



フットケア

菅野 智美(看護課長)

 昨今「フットケア」という言葉を耳にすることが増えてきました。循環器専門病院である当院においても、その必要性は増えてきております。異常の早期発見と治療前後のフットケアはもちろん、患者さまの安定した歩行を守るためには血管だけでなく爪や皮膚を含めた全身状態と患者さまが退院後に戻る生活環境・サポート体制など広い視野と知識・技術が必要となります。
 患者さまの「立つ・歩く」を護るため、皮膚排泄認定看護師・糖尿病療養指導士、糖尿病重症化予防(フットケア)に関わる研修受講者と協同しフットケアの啓蒙や実践・セルフケアへのサポートを行っています。



デバイスナース

光石 純子(看護主任)

 心臓植込み型電気的デバイス(CIEDs)は多岐に渡り、多くの患者に使用されています。 CIEDsは一時的なものではなく、患者の一生を支えるものであり生涯を共にするものでもあります。植込み手術を受けたら終了ではなく、その後も通院が必要であり日常生活や、職場環境、仕事内容に制限が生じることもあり、状況によっては車の運転に制限が生じる場合があります。そのため、植込み後の生活に不安を感じている患者も少なくありません。
 そういった心臓デバイス患者が、元の日常に近い状態で生活していけるよう機器管理からケアまでのフォローアップを医師や臨床工学技士などの他職種と協働し専門的に行っています。



リスクマネージャー

木村 こずえ 

 私は、平成28年8月から医療安全管理部門で専従のリスクマネージャーとして活動しています。医療安全管理者の責務として課せられていることは多々ありますが、私が一番大切に思うのは、当院に勤める職員が安全に働ける環境と当院に入院・通院される患者様が安心して治療に臨める環境を作り、提供することです。そのため、院内医療事故防止に向けた啓蒙活動や院内ラウンド、事故報告内容の把握・分析から再発防止策の検討・実施を個人レベルだけでなく、全職員の協力のもと組織横断的に行っています。
 また、医療安全に関する動向の把握や知識・スキル向上のため、院外で開催される研修やセミナーに積極的に参加し、事故防止活動や医療安全に関する研修を通して、病院全体の医療の質の維持・向
上に努めていきたいと思います。



日本糖尿病療養指導士(Certified Diabetes Educator of Japan)

細川 渚 

CDEJの役割とは、糖尿病治療に最も大切な自己管理(療養)を患者に指導することです。糖尿病とその療養指導全般に関する正しい知識をもち、患者の糖尿病セルフケアへの支援を日々行っています。
 当院は循環器に特化した病院ですが、ベースに糖尿病を罹患している患者さまも多く来院されます。そういった患者さまの中には、すでに糖尿病特有の合併症を抱えている方や、合併症を発症する可能性のある方もおられます。そのため、日々の診療のみならず、通院中の方や地域の方も参加可能なカンバセーションマップを用いた健康教室などを行い合併症の予防や早期発見に力を入れています。



日本糖尿病療養指導士(Certified Diabetes Educator of Japan)

小林 留実 

日本糖尿病療養指導士とは、糖尿病治療にもっとも大切な自己管理(療養)を患者さまに指導する医療スタッフのことをいいます。現在、私は地域包括病棟で勤務していますが、糖尿病を有する患者さまが在宅へ帰られるときに、少しでも自分らしい生活が送れるように支援していきたいと考えています。




キャリアアップ
平成27年度看護師募集要項