薬剤科

当院は院外処方箋を発行しているため、主に入院患者様を対象とした業務を行っています。平成10年より全ての入院患者様の持参薬鑑別と薬歴管理表の作成を薬剤師が行い、入院時の持参薬管理から退院処方に至る薬の管理を行っています。平成13年には一部の病棟で病棟薬剤師業務を開始し、平成22年全病棟へ薬剤師を配置、ナースステーションに薬剤師専用の机を設け常駐業務を行いました。そして、平成24年4月より病棟薬剤業務実施加算の算定を開始しています。
 当院入院処方の内服薬は一包化調剤を原則とし、臨時薬・定期薬を問わず薬剤師が専用の配薬BOXにセットしています。電子カルテの導入には至ってませんが、院内処方箋に検査値を表記し、調剤時に検査値から腎機能・肝機能を確認した処方鑑査を行っています。
 さらに、北光記念クリニックでの禁煙指導や生活習慣病指導のプログラムにも当院の薬剤師による指導が組み込まれており、予約制で対応しています。
 当科では7名の薬剤師ひとりひとりが専門性を持つことを目標としています。病院の支援を受けながら認定取得の研修や海外の学会にも参加しています。
 今後はDPC対象病院として後発医薬品の使用促進に努めると共に、病棟薬剤師業務の見直しとさらなる業務拡大に向けて準備を進めている所です。これからも、地域の皆様のお役に立てるような病院作りに薬剤師として努めていきたいと思っています。

薬剤科課長 野々山 由香理


各種認定・専門薬剤師

認定実務実習指導薬剤師 1名
日本病院会 医療安全管理者 1名
日本薬剤師研修センター認定薬剤師 4名
日本糖尿病療養指導士 3名
高血圧・循環器病予防療養指導士 1名

平成30年6月1日 現在


各専門薬剤師からひとこと

▼ICU・OPE室担当薬剤師

集中治療室(ICU)においては患者様の病態変化が速く多様であるため、その時にあった薬物療法の選択が重要です。当院においては2015年より毎朝のICUカンファレンスに薬剤師が参加し、多職種で最適な医療が行われるように取り組んでいます。その中で薬剤師は薬が安全かつ効果的に使われるよう治療薬選択の補助や投与後の観察を行います。当院では心臓血管外科手術後の患者様がICUに入室される事が多いため、手術室担当も兼務しスピーディで効果的な対応を心がけています。



▼感染制御担当薬剤師

感染制御担当薬剤師

当院は病床数145床の中小病院ですが感染防止対策加算1を算定しています。このためICTの中の医師、看護師、薬剤師、検査技師の4職種が週1回の感染症患者のラウンドを行い、さらに月1回環境衛生のラウンドを行うこととなっています。薬剤師はこのラウンドで感染症患者に使用されている抗菌薬の種類や投与量の妥当性を評価しチームとして主治医へフィードバックしています。
 またラウンド時には主治医も同席していることもあるため、投与設計依頼を受けることもあり薬剤師がタイムリーに抗菌薬への介入ができるとともにTDMの依頼も行うことができています。ラウンドへの参加により、ラウンド時以外でも医師から抗菌薬の選択や投与量についての相談を受けるようになり、チーム医療の一員として薬剤師がより関われる環境になっています。



▼NST担当薬剤師

NST担当薬剤師

当院では栄養サポートチーム(NST)として週1回の回診を行っております。薬剤師も回診に参加し、医師・看護師・管理栄養士・理学療法士・MSWと協力し合い患者様の栄養管理に携わっています。NST薬剤師として患者様の食欲不振の原因となるような薬を服用していないか、薬の投与量が適切か、飲みこみにくい薬はないかといった点を中心に確認しています。また、日常業務の場でも静脈栄養、経腸栄養プランの立案や食欲不振、嚥下障害など栄養障害に関連する薬について積極的に介入しています。



▼糖尿病・インスリン導入指導 担当薬剤師

糖尿病・インスリン導入指導 担当薬剤師

糖尿病患者さんは糖尿病ではない人と比べ3〜5倍心臓や血管のトラブルが起こりやすいという研究結果があります。心臓・血管の病気の専門病院である当院においても糖尿病の治療は重要なものであると感じていたため、日本糖尿病療養指導士の資格を取得しました。資格を活かしてインスリン指導、糖尿病教育入院、健康教室の講師など糖尿病の治療へ積極的に関わっています。特にインスリン指導には力を入れており、導入やトラブル時などに、入院患者さんはもちろん外来患者さんにも積極的に関わっています。



▼高血圧・循環器病予防療養指導士

高血圧・循環器病予防療養指導士

「高血圧・循環器病予防療養指導士」とは循環器病の主な原因となる高血圧などの生活習慣病の改善・予防や他の危険因子の管理に関する療養指導を行うために必要な知識や資質向上を目的としてスタートした資格です。循環器病を早期から予防していくことや病態の改善により、健康増進に貢献することを目的としています。この資格を取得し、今後さらに臨床で必要な知識と経験を身につけて、さまざまな場面で患者様やそのご家族や周囲の方々に適した助言・指導を行うことが出来るようにしていきたいと考えています。



▼外来化学療法担当薬剤師

外来化学療法担当薬剤師

当院では甲状腺がん患者様に対し、放射性医薬品を用いたアイソトープ治療や経口抗がん剤を用いた化学療法を行っており、経口抗がん剤による治療を行う場合には入院下で服用を開始しています。入院中は毎日薬剤師が患者様の所へ行き、抗がん剤の副作用がでていないか確認を行うとともに、副作用予防のために患者様に行っていただく日常生活上の注意点の説明も行っています。退院後は外来受診時に薬剤師が副作用や服薬状況の確認を行い、診察にも同席します。また1週間毎に患者様に電話にて副作用の確認も行っています。
 患者様一人一人を専任の薬剤師が担当することで、抗がん剤服用中の様々な問題に対し細やかな対応を行うことができる体制となっています。



▼ICLS受講薬剤師

ICLS受講薬剤師

私は薬剤師という立場ではありますが、循環器病院の一職員として患者様の急変や心停止に速やかに対応出来るよう、医療従事者のための蘇生トレーニングコースであるICLS(Immediate Cardiac Life Support)を受講し、毎年院内全職員を対象として行う一次救命処置(BLS:Basic Life Support)講習に講師の一員として参加しています。このような経験が出来ることは当院ならではの特色だと考えています。