心臓リハビリテーション室

理学療法科では、2名の理学療法士(心臓リハビリテーション指導士、呼吸療法認定士)が心筋梗塞や心臓手術後の運動療法を中心とした心臓リハビリテーション、呼吸不全に対する呼吸理学療法、筋力の低下などにより身の回り動作が困難な方へのリハビリテーションを主に行っています。

特徴

心臓リハビリテーションは心拍数、血圧を測定しながらその方の容態にあわせて安全に運動を行います。 身体機能を高めるだけでなく、心肺運動負荷試験などにより体力を的確に評価し、安全な運動・活動量を把握することで不安無く質の高い日常生活を営まれることを目的としています。

心臓の手術を受ける方には、術前から呼吸訓練を行い術後の肺合併症の予防に努めます。術後も可能な限り早期からリハビリテーションを行い、身体機能を維持・向上させていきます。また、退院後も定期的に運動時の身体状況をみながら、各検査データを基に医師、看護師、管理栄養士と共に日常生活におけるアドバイスを行い、再発予防に努めていきます。 関節障害や筋力低下などのため運動が十分に行えない方には、病棟・病室などで個別にリハビリテーションを行い身体機能の回復を図りながら、日常生活動作や歩行練習を行っています。