心臓リハビリテーション室

心臓リハビリテーション室には、理学療法士5名(上級心臓リハビリテーション指導士1名、心臓リハビリテーション指導士4名)と看護師1名が専従し、循環器疾患全般において、急性期から退院後外来でのリハビリテーションを実施しています。

特徴

心臓リハビリテーションは心拍数、血圧を測定しながらその方の状態にあわせて安全に運動を行います。 心肺運動負荷試験の結果などから、個々の問題点や運動耐容能低下の要因を検討し、より安全に、より高い身体機能の獲得を目指していきます。


心臓の外科手術を受ける方には、手術前から呼吸訓練を行い術後の肺合併症を予防し、手術後も可能な限り早期から歩行運動を開始し、手術前よりも元気になって退院していただけるよう努めています。


退院後は定期的な診察にあわせて、運動時の身体状況も確認し、医師、看護師、管理栄養士とともに日常生活におけるアドバイスを行い、再発予防に努めることはもちろん、不安なく質の高い日常生活を継続して営まれることを心臓リハビリテーションの最終目的としています。


退院後、外来通院でリハビリテーションを実施することも可能ですが、急性期治療を終えても、まだ退院する自信がない方は「地域包括ケア病棟」において、入院を継続しながら集中的にリハビリテーションを実施することもできます。入院中に疾病管理方法を習得し、社会資源を適切に利用することで、退院後早期に心不全等の増悪による再入院にならないよう、関わらせていただきます。