除雪について

イラスト

今回は除雪についての話です。 北海道も1月に入り寒い日が続いています。また、雪の降る日も多くなり除雪に一苦労という日もありますね。 ペースメーカーやICDが入っている方にとって除雪というのは少し注意が必要です。なぜかというと、スコップを持って重たい雪を掻くという作業は以外にリード線に負担をかけ、リード断線の危険がある為です。特に除雪車の残していった雪や、ドカ雪の降った日は注意が必要です。

イラスト

当院ではなるべくママさんダンプを使用するか、スコップを持つときは、リード線が入っていない方の手が下になるようにして持ってもらうようにお話しています。 例えば右利きの場合、左にペースメーカーが入っていることが多いと思いますがスコップを持つときは右手を下にします。(通常は左手が下になります) 実際に私も試してみましたが、なれないと作業もしにくいですし、力が入りにくく、すごく疲れました・・・。

イラスト

雪の多い地域に住んでいる方にとっては「除雪機」は強い味方、使用している方もいると思います。しかし除雪機は、モーターを使い動かしている為、器械への影響が心配されます。絶対に使用できないという訳ではなく、安全に使用するために器械から何センチ離すと安全という距離を調べることが出来ます。 購入を検討されている方や、あるけどダメだと思って使っていないという方は、環境調査を行い安全に使用する事をおすすめします。